孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

優雅の極致!モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299(297c)』

f:id:suganne:20170921233523j:plain

パリ・シンフォニーでご紹介したCDに入っている、パリでモーツァルトが作曲した他の曲をご紹介していきます。

まず、『フルートとハープのためのコンチェルト ハ長調』。

これは、大迫力のパリ・シンフォニーとは全く対極にあるような曲で、まさにモーツァルトのイメージ通りの、優美、優雅の極みのような曲です。

フルートとハープなんて楽器の組み合わせ自体、鉄板です。

この曲は、パリで音楽好きの貴族、ド・ギーヌ公爵と知り合い、その令嬢に音楽のレッスンを行いました。公爵はフルート、令嬢はハープを得意としていたので、このふたりのために作曲したのがこの曲です。

そのため、この魅力的な楽器の組み合わせは、モーツァルトには他にありません。

フルート・コンチェルトは2曲ありますが、ハープが登場するのは残念なことにこの曲だけなのです。

大きなコンサートホールではなく、宮殿サロンでの父娘共演のためのものなので、オーケストラは控え目、ソロ・パートは繊細そのものです。

フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299(297c)

Concerto for Flute and Harp in C Major K.299(297c)

演奏:Freiburger Barockorchester & Gottfried von der Goltz

ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ(指揮)フライブルクバロックオーケストラ

第1楽章アレグロ

高貴で典雅な響き。当時、フルートとハープはいずれも音程が不安定で、演奏は非常に難しいのですが、公爵も令嬢も腕前はトップクラスだったようです。 

第2楽章アンダンティーノ

モーツァルトの緩徐楽章の中でも白眉の存在です。

最初、静かに弦がメロディを奏で、そっとフルートがハープを伴って登場し…そこから流れ出す音楽は、まさに天上の響きとしか言いようがありません。

映画『アマデウス』でも、モーツァルトのライバル、サリエリがこの譜面を見て、おもわず楽譜を床にとり落とすシーンが印象的でした。 

第3楽章ロンド

一転、ワクワクするような楽しい音楽です。これまで優雅な感じで来たので、いきなりの颯爽とした疾走感に意表を突かれますが、モーツァルトの曲の中でも私が特に好きな楽章のひとつです。

 新しいメロディが次々と惜しげもなく出てくる、本当に贅沢な曲ですが、貴族でもないのに個人で楽しめるとは、本当にいい時代に生まれたものです。 

モーツァルト:「パリ」 他 [Import] (CONCERTANTE ALL HARPA E FLAUTO)

モーツァルト:「パリ」 他 [Import] (CONCERTANTE ALL HARPA E FLAUTO)

 

 

ポチッとよろしくお願いします!

 
にほんブログ村