孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

目覚めのコーヒー。バッハ『チェンバロ・コンチェルト』(1)

f:id:suganne:20170924231941j:plain

頭スッキリしたいとき  

バッハについては、結婚式定番曲のところで宗教曲2曲、世俗曲1曲を取り上げましたが、この2ジャンルそれぞれにバッハの個性が出ています。

やはりバッハといえば、まずは荘厳で感動的な教会音楽が思い浮かびますが、純粋に音楽を楽しむために作られた、世俗曲の魅力もたまりません。

以前、ベートーヴェンの『バッハはバッハ(小川)ではない。メール(大海)だ』という有名な言葉を挙げました。

それまでのヨーロッパ各地で発展してきた音楽が、バッハのところに全て流れ込み、偉大な海になっている、ということです。

しかし、確かに形式や技術などはその通りなのですが、バッハの音楽的個性は、それまでのどの音楽家とも似ても似つかない、強烈なものです。

クラシックを聴き込み、主な作曲家の違いが分かるような人でも、知らない曲を聞かされて、どちらがモーツァルトでどちらがハイドンか、と言われたらなかなか難しいのではないかと思いますが、バッハはすぐ聴き分けられるのではないでしょうか。

モーツァルトのところでは、音楽と社会の関係の話が多くなりますが、バッハの音楽は時代を超越しているようなところがあり、特にクラシックが好きでない人でも、いい、と言う人が多いです。

特に世俗曲には、現代的な、斬新なものが多くあります。

バッハの音楽は、「メロディ」「ハーモニー」「リズム」の三位一体といわれますが、とくにリズム感が強烈です。

そこが、現代音楽にも通じているのではと。

その代表が、チェンバロ・コンチェルトではないか、と思っています。 

モーツァルトのピアノ・コンチェルトをたくさんご紹介してきましたが、その先駆、ハシリにあたります。

私のお気に入りの楽器、チェンバロの典雅で直接的な響きが、直截的なオケとからんで、頭にジンジンきます。 

私にとっては、モーツァルトコレッリは、家でくつろぎながら聴くのにふさわしい〝オフ〟の音楽なのですが、バッハは、よし、これからやるぞ!という気にさせる〝オン〟の音楽なのです。

眠たいとき、ボーっとしてしまうとき、頭がスッキリするコーヒーの効用です。笑 

2曲ずつ、4曲を2回にわたってご紹介します。 

バッハ『チェンバロ協奏曲 第4番 イ長調 BWV1055』 

Concerto for Harpsichord , Strings ,and Continuo , in A major BWV1055

演奏:トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサート

Trevor Pinnock & The English Concert 

第1楽章アレグロ・モデラート 

はい、朝ですよ、いわれているような、目覚めのさわやかな音楽です。チェンバロ・ソロが朝露のようにキラキラ輝いています。昨夜の雨が上がって快晴、さあお出かけ日和、という気分です。  

第2楽章ラルゲット 

深いため息のようなオケの嘆きから入りますが、チェンバロはそれを慰めているように優しく語ります。だいじょうぶ、元気だそうよ、と。 

第3楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポ 

一転、オケの颯爽としたダンスが始まります。その合間のチェンバロの語りこそ、現代音楽かと思うほど素敵です。まるで、ダンスの最中にプロポーズをしているかのようです。これから幸せになろうね、と。私がバッハで一番好きな楽章です。何度聴いてもハッピーな気分になります。 

バッハ『チェンバロ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV1056』 

Concerto for Harpsichord , Strings ,and Continuo , in F minor BWV1056

演奏:トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサート

Trevor Pinnock & The English Concert

第1楽章アレグロ 

哀調を帯びた音楽ですが、決して深刻でなく、高貴な気品をたたえています。居ずまいを正し、これから真剣な場に臨む、というような雰囲気です。 

第2楽章ラルゴ 

有名な曲ですので、聞いたことはあるけど名前は知らない、という人も多いのではないでしょうか。弦のピチカートにのって静かに語るチェンバロ・ソロは、美の極致です。いったい、何を語りかけているのでしょうか。 

第3楽章プレスト 

厳しく、クールな楽章です。チェンバロは縦横無尽に音符を散りばめて、颯爽と終わります。 

バッハ:チェンバロ協奏曲全集

バッハ:チェンバロ協奏曲全集

 

  

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング