孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

〝おもしろかったから弾いた〟グレン・グールド×ヘンデル『ハープシコード組曲第1集 第3番、第4番』

f:id:suganne:20171126231310j:plain

グレン・グールドの弾く、チェンバロ×ヘンデルという超珍しい組み合わせの演奏の続きです。ヘンデル短調も格調高く、バロックの中でも人気があります。

ヘンデルハープシコード組曲第1集 第3番 ニ短調 HWV428』

Handel : Suite for Harpsichord Vol.1 No.3 in D minor, HWV428

演奏:グレン・グールドハープシコードGlenn Gould

前回同様、アルバム全曲はこちらです。各曲もそれぞれ掲げます。

第1曲プレリュード。悲劇的な雰囲気の、緊張感あふれる前奏曲です。これも、次の曲への導入の役割の性格が強いです。

第2曲アレグロ。3声のフーガで、プレリュードと合わせると、ちょうどバッハの平均律と同じ形式になります。まばゆいばかりの輝かしさです。

第3曲アルマンド。優雅な舞曲で、ヘンデルならではの気品に満ちています。

第4曲クーラント。思いのこもった、ドラマチックでさえある感動的な曲です。

第5曲アリアと5つの変奏。バフ・ストップで始まり、和声的な枠組みを維持しながら装飾を加えていく、バッハのイギリス組曲にみられたドゥーブルのスタイルです。

第6曲プレスト。ロンドのようなテーマが強烈な印象を与えます。コンチェルトの様式であり、ヘンデルは後に、この曲をコンチェルトに編曲しています。(コンチェルト・グロッソ作品3の6)

ヘンデルハープシコード組曲第1集 第4番 ホ短調 HWV429』

Handel : Suite for Harpsichord Vol.1 No.4 in E minor, HWV429

第1曲アレグロ。プレリュードがなく、いきなり長大なフーガで始まります。重々しくもあり、また格好良く走り去ってくような、非常にクールな曲です。

第2曲アルマンド。繊細で優雅な舞曲です。

第3曲クーラント。しゃれた、フランス風の響きのする洗練された曲です。どこか南欧風の、エキゾチックな感じもします。

第4曲サラバンド。バフ・ストップでゆっくりと奏でられますが、メランコリックな嘆きが感じられる、しみじみとした曲です。

第5曲ジーグ。フーガ風に始まり、ツンと澄ました感じで進み、サッと終わる短い終曲です。

この組曲は第8番まであるのですが、残念ながらグールドの演奏はここまでです。

他の演奏者による、全曲演奏を下記に掲げておきます。

このところ、ずっとグレン・グールドを聴いてきましたが、いったん終わりにし、次回からヘンデルを取り上げたいと思います。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング