孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

ヘンデルのウェディングマーチ。ヘンデル『オルガン協奏曲 作品7』(3)

 

f:id:suganne:20171203184614j:plain

ジョージ・フリデリック・ヘンデル(1685-1759)

可愛らしいポジティブ・オルガンの音色が心に沁みる、ヘンデルのオルガン協奏曲。これまで3曲ご紹介してきましたが、『作品7』として出版されたコンチェルトのうち、残りの曲で、私の気に入っている楽章を中心に、my favorites的にご紹介します。(前回ご紹介した〝カッコウナイチンゲール〟には作品番号はついていません)

ヘンデルの音楽は、屈託がなく、どこまでもおおらかで、気分が落ちているときに、必ず元気をくれます。他の作曲家の作品に時々感じる、鬱的な要素が全くないのです。逆にそれが、深みに欠ける、という批判になってくるのかもしれませんが、気にするな、くよくよしてどうする、と言われているようで、私にとってはかけがえのない人生の友なのです。

このような音楽は、ヘンデルの他ではハイドンです。

ヘンデル『オルガン協奏曲 第11番 ト長調 作品7の5 HWV310』

Handel : Organ Concerto no.11 in G minor, op.7 no.5 HWV310

演奏:サイモン・プレストン(オルガン)

トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサート

Simon Preston(Organ), Trevor Pinnock & The English Conser

第2楽章アンダンテ・ラルゲット・エ・スタッカート

私は勝手に〝ヘンデルウェディングマーチ〟と呼んでいます。冒頭、オルガンがリズムを刻み、オーケストラをリードします。そして、オケがリズムを刻み始めると、その上に軽やかなマーチを繰り広げます。次々と変奏的に展開するメロディは幸せに満ちていて、これから新しい人生を歩み始めるを祝福しているかのようです。以前、メンデルスゾーンワーグナーの二つの結婚行進曲を取り上げましたが、この曲も、ぜひ結婚式で使ってはいかが、と思います。

www.classic-suganne.com

ヘンデル『オルガン協奏曲 第8番 イ長調 作品7の2 HWV307』

Handel : Organ Concerto no.8 in A major, op.7 no.2 HWV307

第2楽章ア・テンポ・オルディナリオ

空に稲妻がひらめくようなイメージのフーガです。オルガンは縦横無尽に広がり、まことに宏大な世界を現出します。

第4楽章アレグロ

楽しいマーチのリズムの軽快な曲で、オーケストラが同じフレーズを繰り返す間に、オルガンが変奏を奏でます。

ヘンデル『オルガン協奏曲 第9番 変ロ長調 作品7の3 HWV308』

Handel : Organ Concerto no.9 in B flat major, op.7 no.3 HWV308

第1楽章アレグロ

さあ、始まるよー、といった感じの、ともすれば俗っぽいテーマの陽気な曲です。このおおらかさこそ、ヘンデルの真骨頂という思いです。

第3楽章スピリトーソ

その指示通り、生命感にあふれたフーガです。元気いっぱいに楽しく展開していきます。

ヘンデル『オルガン協奏曲 第10番 ニ短調 作品7の4 HWV309』

Handel : Organ Concerto no.10 in D minor, op.7 no.4 HWV309

第2楽章アレグロ・コジ・コジ

いたずらっぽい指示の楽章ですが、その通り、おどけながら軽やかに身をかわすピエロのような曲です。

ヘンデル『オルガン協奏曲 第14番 ヘ長調 HWV296』

Handel : Organ Concerto no.14 in F major, HWV296

第5楽章アレグロ

特徴的なテーマが、オルガンとオケの掛け合いで盛り上がっていきます。オルガンの技巧的な技が聴き所です。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング