孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

史上初のスタンディング・オベーション、ハレルヤ・コーラス。ヘンデル『メサイア』(9) &『ルール・ブリタニア』

f:id:suganne:20171218215123j:plain

ヘンデルメサイアの第2部より、第37曲から第2部終曲の第44曲までを聴きます。

エスがメシアとして来臨したのに、人々は嘲り、また危険視して十字架にかけます。しかし、その死は人間の罪を贖うものであって、すぐにイエスは復活し、天に迎えられます。

エスによって人間は許された! この良い知らせ(福音)を、弟子たちが世界に広めてゆく、伝道のくだりです。

ヘンデルメサイア』HWV56

Handel : Messiah HWV56

エマニュエル・アイム指揮ル・コンセール・ダストレ

Emmanuelle Haim & Le Concert D’Astree

第37曲 合唱

主はお言葉を下される。

大勢の人々が、その良き知らせを告げていく。

(詩編 68:12)

重々しくも輝かしい合唱が、神が言葉を宣することを告げます。

福音を得て、たくさんの伝道者が勇躍、世界に散らばっていくさまが、忙しそうなざわめきの音楽で表現されています。 

第38曲 アリア

なんと美しいことか、良き知らせを伝える者の足は。

平和の良き知らせの喜びを持って行く者の足は。

(ローマの信徒への手紙 10:15)

ヨハネパウロといった伝道者たちは、身の危険もかえりみず伝道の旅に出ました。

その足取りをソプラノが、なんと美しい、と客観的に見て感嘆しています。

はるか後年、日本にも伝道したフランシスコ・ザビエルも思い浮かびます。

第39曲 合唱

その声は全地に響き渡り、その言葉は世界の果てまで及ぶ。

(ローマの信徒への手紙 10:18)

第40曲 合唱

なにゆえ、諸国は騒ぎ立ち、その民たちは空しいことをたくらむのか。

なにゆえ、諸国の王は立ち上がり、支配者たちは結束して、神と、油を注がれた者(メシア)に逆らうのか。

(詩編 2:1-2)

しかし、救世主の福音も、各地ですぐ受け入れられたわけではありません。

伝道者や信者は、権力者から弾圧され、激しい迫害を受けます。

国々、諸国民と支配者たちが、メシアに抵抗し、騒ぎ立てるさまを、迫力あるバスが歌います。

この物語とは関係ありませんが、今の国際社会を見ているかのような歌でもあります。

なにゆえ、権力者たちは空しい脅しの応酬に血道をあげるのか。

なにゆえ、諸国民は他の国を非難し、騒ぎ立てるのか。

メシアの支配に反逆する諸国民を、 なぎ倒すがごとくに歌うアリアです。

第41曲 合唱

『彼らの枷(かせ)をはずし、

彼らの軛(くびき)を切って投げ捨てよう』と。

(詩編 2:3)

神と救い主を認めず、勝手に騒ぎ立てる諸国民の叫び声を表したコーラスです。

第42曲 レチタティーヴォ

天の玉座におられる方は彼らを笑い、

主は彼らをあざけられるだろう。

(詩編 2:4)

神はそんな人間たちの様子を一笑に付し・・・

第43曲 アリア

神は、鉄の杖で彼らを打ち、

陶器の破片のように砕いてしまわれる。

(詩編 2:9)

 ・・・軽く粉砕してしまうというのです。

そして、来るべき審判の日に、全世界が神と救い主に服することになります。

第44曲 合唱(ハレルヤ・コーラス

ハレルヤ!

全能にして、私たちの主である神に、ハレルヤ!

この世の国は、我らの主と、その子キリストのものとなった。

彼は世々限りなく治められる。ハレルヤ!

王の中の王、主の中の主。

主は世々限りなく治められる。ハレルヤ!

(ヨハネの黙示録 19:6, 11:15, 19:16)

いよいよ、神の国が完成する喜びを歌った、合唱曲の白眉、ハレルヤ・コーラスです。

〝ハレルヤ〟とは、ヘブライ語を由来とする言葉で、〝主をほめたたえよ〟という意味です。

神と救い主を讃える歓喜が、全世界に届けとばかり、波打つように圧倒していきます。

出だしはポピュラーですから、誰もが聴いたことがありますが、初めて後半まで、全曲を聴いたときは、ぶっ飛ぶような思いをしました。

King of Kings, and Lord of Lords(王の中の王、主の中の主) とは、聖書の言葉とも思えなかったのです。

〝この世の国は、我らの主と、その子キリストのものとなった〟とは、キリスト教は成立当初から世界征服の野望を持っていたのか・・・と、異教徒としては唖然とする思いでした。

しかし、それは間違いなく、好戦的な歴史をもったキリスト教の一側面なのです。

この曲のロンドンでの初演を聴いた英国王ジョージ2世は、感動のあまり思わずロイヤルボックスで立ち上がり、それがスタンディング•オベーションの初めと言われています。

ただし、もともと、神を讃える曲は立って聴くのが礼儀だった、という異説もあります。

いずれにしても、コンサートではこの曲を聴くときは聴衆は起立する慣例ができました。実際に立つかどうかは、そのコンサートの性格や雰囲気によると思いますが。

ルール・ブリタニア(英国よ、統治せよ)

キリスト教徒が世界を支配していく、という『メサイア』のこのくだりは、18世紀、英国が世界の支配に乗り出していく過程での国民の心情、社会的雰囲気に合致したのです。

ポルトガル、スペイン、オランダ、フランスといった、大航海時代に世界に植民地支配を広げた、先行のヨーロッパ諸国に対し、英国は後発でした。

しかし、メサイアが書かれた18世紀半ばより、英国はどんどん世界に進出し、次世紀には七つの海を支配する大英帝国を築き上げます。

そんな英国人の心意気をあらわした、ヘンデルと同時代の曲をここでご紹介します。

トーマス・アーンが1740年に、劇中音楽として作曲した『ルール・ブリタニア』です。

〝統べよ、ブリタニア!大海原を統治せよ。ブリトンの民は断じて、断じて、奴隷とはならじ〟と気宇壮大に英国の世界進出を歌い上げています。

実際に、産業革命の力を背景に、アメリカ(独立されてしまいましたが)、アフリカ、インド、中東、中国などを制圧していくことになります。

英国は今は凋落し、過去の栄光になってしまいましたが、この曲は、今も英国の第2の国歌として親しまれています。

そのカッコよさから、サッカーチームの応援歌にもされています。

当時の英国人の心情を、これらの音楽から知ることができるのです。

ルール・ブリタニア

歌:キャサリンジェンキンス

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング