孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

どこまでも優しい子守歌。バッハ『クリスマス・オラトリオ 第2部』(2)

f:id:suganne:20171224191334j:plain

バッハの『クリスマス・オラトリオ』全6部を、実際に演奏された教会歴にしたがって聴いていきます。きょう12月26日は、第2部の日です。メサイアに描かれたのと同じ、『羊飼いの聖夜』を描きます。

クリスマス・イブの奇蹟ですが、演奏は26日なのです。

バッハ『クリスマス・オラトリオ BWV248 第2部』

降誕節(クリスマス)第2祝日(12月26日)用

J.S.Bach : Weihnachts-Oratorium / Christmas Oratorio BWV248

演奏:ジョン・バット指揮ダニーデン・コンソート

John Butt & Dunedin Consort

第10曲 シンフォニア

メサイアと同じ『パストラル・シンフォニー(田園交響曲』つまり、羊飼いが番をし、羊たちが眠るのどかな牧場の夜を描きます。牧歌調のこのシシリアーナ風のリズムは、イエスの眠るゆりかごも暗示しています。

第15曲 アリア『喜びの羊飼いたち』

フルートのオブリガートのついたテノール独唱による、羊飼いたちの喜びの歌です。

第19曲 アリア『ねむれ、いとし子よ』

飼い葉桶に眠るイエスに向けたアルトによる子守歌で、このオラトリオの中で最も有名な曲です。生まれたばかりの幼子に対する母の愛情たっぷりのアリアで、ダ・カーポのある長大な歌に身を任せていると、赤ん坊に戻ったような気になります。

第21曲 天使の合唱『いと高きところ、神に栄光あれ』

羊飼いの前に現れた天使と天の軍勢が歌う、神への讃歌です。メサイアにも同じ場面があり、比較しました。バッハの方がやや複雑で、スタッカート的に歌います。天いっぱいにひろがった輝かしい光が目に見えるようです。

第23曲 コラール『われら主の軍勢とともに歌う』

天使に負けじと、人間が歌う神への讃歌です。コラールの間奏は、冒頭のシンフォニアからとられた、ゆりがごのテーマです。最後、ゆりかごが揺れて終わるさまは、これから激動の生涯を送ることになる幼子への、今はゆっくり眠ってください、という切なくも慈しみに満ちたメッセージとなっているのです。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング