孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

聖母マリアの心のうち。バッハ『クリスマス・オラトリオ 第3部』(3)

f:id:suganne:20171227122309j:plain


バッハ
の『クリスマス・オラトリオ』全6部を、実際に演奏された教会暦にしたがって聴いていきます。きょう12月27日は、第3部の日です。

ちょうどその日に聴けばご利益がある、ということだといいですが、キリスト教はそういうものじゃないでしょうね。笑

3日にわたって語られる、イエス誕生の物語の最終回です。天使の奇蹟を見た羊飼いたちがベツレヘムを訪れ、飼い葉桶の中のみどり子を拝み、喜びに包まれながら帰っていきます。

バッハ『クリスマス・オラトリオ BWV248 第3部』

降誕節(クリスマス)第3祝日(12月27日)用

J.S.Bach : Weihnachts-Oratorium / Christmas Oratorio BWV248

演奏:ジョン・バット指揮ダニーデン・コンソート

John Butt & Dunedin Consort

第24曲 合唱『天の統治者よ、この歌声をきけ』 

第3日の始まりを告げる、華やかな導入合唱です。トランペットとティンパニが祝祭ムードを盛り上げ、神を讃えます。

第26曲 合唱『いざ、ベツレヘムヘ』

天使から『救い主がお生まれになった』というお告げを受けた羊飼いたちが、ベツレヘムへ急ごう!!と言い合っている光景が、急き立てるような調子で描かれています。

第28曲 コラール『これらすべてを主はなし給う』

もともと俗謡が元といわれる、当時の有名な旋律を使ったコラールです。

第29曲 二重唱『主よ、汝の思いやり、憐れみは』

オーボエ・ダモーレ(愛のオーボエ)のオブリガートを伴う、ソプラノとバスの二重唱です。神の愛に対する謙虚な感謝の歌です。

第31曲 アリア『わが心よ、この聖なる奇蹟を』

羊飼いたちはついに馬小屋のイエスを探し当て、拝みます。そして、聖母マリアと夫ヨセフ、またそこに居合わせた人々に、天使のお告げを伝えます。人々は疑って信じようとしませんでしたが、ひとりマリアだけは、大天使ガブリエルに受胎告知をされていますので、思い当たることはありましたが、胸にとどめておいたのです。そんなマリアの心のうちを思いはかり、信仰を固くしようという決意を、アルトが静かに、それでいて力強く歌います。

第35曲 コラール『喜べ、救い主は』

エス誕生をあらためて感謝するコラールです。

第36曲として、冒頭の合唱が再び繰り返され、第3日を締めくくります。

第4部は新年になります。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング