孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

上司と仲良く弾いた曲?バッハ『ヴィオラ・ダ・ガンバとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 第2番』

弟子の改作?

バッハヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ、今回は第2番です。

この曲の〝訳あり〟は、バッハの自筆譜はなく、バッハの死後3年後に書かれた筆写譜だけで伝わっていることです。

楽譜には混乱したところも見受けられ、おそらくこの曲は、オルガンのためのトリオ・ソナタとして書かれたものを、弟子のひとりが第1番にならって、ヴィオラ・ダ・ガンバオブリガートチェンバロのためのソナタに改作したのではないか、と言われています。

第4楽章7弦のヴィオラ・ダ・ガンバでなければ弾けず、当時のガンバ奏者の技巧の高さがうかがえるのですが、6弦でもオクターヴを上げて弾けないこともないといいます。

そのあたりからも、バッハが想定していなかった編成かもしれないのですが、一部混乱があったとしても、バッハならではという構成であり、もしかするとこれに近い編成の原曲はあったのではないか…などという思いもあるのですが、音楽は人気があり、とても素晴らしいものです。

まずは、前回同様、ビルスマのチェロ・ピッコロ版からです。

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ 第2番 ニ長調 BWV1028

J.S.Bach : Sonata for Viola da Gamba no.2 in D major, BWV1028

演奏【チェロ・ピッコロ版】:アンナー・ビルスマ(1700年頃チロルで作られたチェロ・ピッコロ)、ボブ・ファン・アスペレン(可搬式ポジティブ・オルガン)

Anner Bylsma & Bon van Asperen 

第1楽章 アダージョ

落ち着いたテーマをチェロと鍵盤が語り合います。何かの相談をしているかのように、訥々として応じ合っています。

第2楽章 アレグロ

話し合いの結果、ふたりは意気投合、といった感じです。ダンス風の楽しい楽想で、展開していきます。鍵盤の右手の存在感が大きく、充実したハーモニーを醸しながらリードしていきます。

第3楽章 アンダンテ

淡々と始まりますが、曲が進むうちに、バッハならではの深い抒情が語られていきます。最初の音型が、調や音程を変えて繰り返し登場していきます。

第4楽章 アレグロ

7弦のガンバが要求される難曲ですが、聴く方にはそんなことは感じさせない、明るいジーグ風の楽章です。

 

次に、ヴィオラ・ダ・ガンバチェンバロを使った演奏です。オリジナルの、7弦のガンバを使っています。

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバオブリガートチェンバロのためのソナタ 第2番 ニ長調 BWV1028

J.S.Bach : Sonata for Viola da Gamba & Cembalo no.2 in D major, BWV1028

演奏【ヴィオラ・ダ・ガンバ版】:ホルディ・サバル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、トン・コープマンチェンバロ

Jordi Savall & Ton Koopman

第1楽章 アダージョ

第2楽章 アレグロ

第3楽章 アンダンテ

第4楽章 アレグロ

前述のように、ヴィオラ・ダ・ガンバはバッハが仕えた主君ケーテンのレオポルト公お気に入りの楽器でした。

以前も取り上げましたが、主君がヴィオラ・ダ・ガンバで自ら演奏に加われるように作った、ブランデンブルク協奏曲第6番を再度掲げます。 

君臣が心を一つにして楽しむ〝楽興の時〟をほうふつとさせてくれます。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051

J.S.Bach : Brandenburg Concerto no.6 in B flat major, BWV1051

演奏:ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ

John Eriot Gardiner & English Baroque Soloists

第1楽章 速度指定なし

第2楽章 アダージョ・マ・ノン・タント

第3楽章 アレグロ

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集、他

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集、他

 

 

次回は最後の第3番です。

ポチっとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング