孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

ポータブル・オルガンの可愛い響き!バッハ『ヴィオラ・ダ・ガンバとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 第3番』

まるでコンチェルトな曲

バッハヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ、今回は第3番です。

この曲の〝訳あり〟は、これにもバッハの自筆譜はないということです。また、他の2曲と違い、コンチェルト風の3楽章構成ということも謎です。

短調ながら、名曲ブランデンブルク協奏曲第3番に楽想や構成が似ていて、原曲は合奏のコンチェルトだったのではないかと言われています。

ふたたび、ビルスマのチェロ・ピッコロ版からです。

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ 第3番 ト短調 BWV1029

J.S.Bach : Sonata for Viola da Gamba no.3 in F minor, BWV1029

演奏【チェロ・ピッコロ版】:アンナー・ビルスマ(1700年頃チロルで作られたチェロ・ピッコロ)、ボブ・ファン・アスペレン(可搬式ポジティブ・オルガン)

Anner Bylsma & Bon van Asperen 

第1楽章 ヴィヴァーチェ

ブランデンブルク協奏曲第3番の第1楽章のような掛け合いで始まります。こちらは短調なので、哀愁が漂っていますが、ヴィヴァルディのコンチェルトの香りもします。テーマがフーガ風に展開していくのではなく、モチーフの反復や変化で展開するのも、ブランデンブルク協奏曲と同じ着想なのです。コンチェルト同様、思わず引き込まれずにはいられません。

第2楽章 アダージョ

高貴な感情を宿したテーマがガンバとクラヴィーア両方から紡ぎだされます。オルガンで演奏されると、ヘンデルの『聖セシリアの祝日のためのオード』の素晴らしいオルガン独奏を思わせる部分があります。

第3楽章 アレグロ

まさにコンチェルトの終楽章のような活発なテーマで始まり、そのうちに流れる素晴らしい伸びやかなフレーズにしびれます。雄大に展開していき、高度な技巧が要求されています。

 

次に、ヴィオラ・ダ・ガンバチェンバロを使った演奏です。

バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバオブリガートチェンバロのためのソナタ 第3番 ト短調 BWV1029

J.S.Bach : Sonata for Viola da Gamba & Cembalo no.3 in G minor, BWV1029

演奏【ヴィオラ・ダ・ガンバ版】:ホルディ・サバル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、トン・コープマンチェンバロ

Jordi Savall & Ton Koopman

第1楽章 ヴィヴァーチェ

第2楽章 アダージョ

第3楽章 アレグロ

最後に、この曲と近親関係にあるブランデンブルク協奏曲第3番を再度掲げてます。 

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV1048

J.S.Bach : Brandenburg Concerto no.3 in G major, BWV1048

演奏:ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ

John Eriot Gardiner & English Baroque Soloists

第1楽章 アレグロ

第2楽章 アダージョ

第3楽章 アレグロ

Bach: Die Sonaten Für Viola Da Gamba und Cembalo

Bach: Die Sonaten Für Viola Da Gamba und Cembalo

 

 

バッハの室内楽シリーズはいったんここで一区切りです。  

ポチっとよろしくお願いします!

 


にほんブログ村


クラシックランキング