孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

男を結婚に追い込む女の策略とは。ペルゴレージ:インテルメッツォ『奥様女中』第2幕

f:id:suganne:20190602002757j:plain

メイドに迫られたご主人様の運命やいかに

歴史を変えたオペラ、ペルゴレージ(1710-1736)のインテルメッツォ(幕間劇)奥様女中第2幕(最終幕)です。

メイドのセルピーナに結婚を迫られた、貴族の主ウベルト

その後の展開には、歌もセリフもない、黙役の従僕、ヴェスポーネが一役買います。

 

ペルゴレージ:オペラ『奥様女中』第2幕

Giovanni Battista Pergolesi: La serva padrona

演奏:マルコ・ダラーラ指揮 アンサンブル・レギア・アカデミア

Marco Dallara & Ensemble Regia Accademia

〝嵐の隊長〟あらわる

第2の幕間。メイドのセルピーナが、軍服姿のいかめしい男とひそひそ話をしています。

その軍人は、従僕のヴェスポーネ(黙役)が変装した姿。付け髭をつけて、いかにも恐ろし気な雰囲気です。

セルピーナは、ウベルトが自分との結婚に踏み切るよう、一計を案じ、ヴェスポーネにその片棒を担がせようというのです。

そして、まんまと私が奥方の座についたなら、あなたをこの館の第2の主みたいにしてあげるからね、と。薄ら暗い取引が成立しました。

そこにウベルトがやってきて、嫌味たっぷりに『そろそろ外出許可をいただけますかな?』とセルピーナにお伺いを立てます。

セルピーナは『お嫁さん探しにいらっしゃるんでしょ?どうぞ』とそっけなく答えます。

ウベルトは『そうだ、お前なんかとは結婚せんぞ!!』と怒鳴ると、セルピーナはしおらしく『分かっていますわ、自分の身の程は。私も身の振り方を考えて、結婚することにいたしました。』と告げます。

急な話に、もう?誰と?と、面食らうウベルト。

セルピーナが言うには、相手は軍人で〝嵐の隊長〟と呼ばれている、変り者で乱暴者だとのこと。

ウベルトは、お前はただでさえ生意気なのに、そんな男の嫁になったらどんな目に遭うか分からんぞ、わしはお前を大事に思っているのだぞ、と心配モードになってしまいます。

これこそセルピーナの思うつぼ。アリアでウベルトの憐れみを誘います。

セルピーナのアリア『セルピーナのことを忘れないで』

セルピーナ

セルピーナのことを忘れないで

どうかいつまでも

そしておっしゃるでしょう

『ああ、かわいそうに。昔は仲良しだったのに』と

(傍白)

どうやら早くも少しずつ折れてきたみたい

(正白)

これまで生意気だったこと

どうかお許しください

そう、ぶしつけなふるまいでした

(傍白)

手なんか握ってきたぞ

うまくいってるわ

こちらはシギスヴァルト・クイケン指揮 ラ・プティット・バンドの舞台です。


Pergolesi - La serva padrona - A Serpina penserete

ウベルトは、あんなにいつも叱りつけていたセルピーナなのに、情にほだされ、彼女がいなくなる寂しさに苛まれるようになってしまいました。

セルピーナは、婚約者を連れて来て紹介すると言って出て行きます。

ひとり残ったウベルトは、すっかり混乱し、葛藤しています。

あいつがそんな奴と結婚するなんてかわいそうだ、しかし、俺が結婚する?ありえないだろう?どうすればいいのだ…

ウベルトのアリア『わしはいったいどうしたらいいのだ』

ウベルト

わしはいったいどうしたらいいのだ

この胸の中に言うに言えないものがある

愛だか情けだかわからない

こんな声も聞こえてくる

『ウベルト、お前の問題だ』

わしは『はい』と『いいえ』の間

『したい』と『いやだ』の間にいる

苦境はますます深まりゆく

ああ情けない、運もない

わしはいったいどうなるのだ

そんなところに、セルピーナが〝嵐の隊長〟を連れてきます。

ウベルトは、その想像以上のむくつけき姿にびっくりします。

隊長はうなづくだけで何もしゃべらないので、ずいぶん無口な方だな、とセルピーナに聞くと、人見知りなんです、言いたいことがあるようなので聞いてきます、とふたりでひそひそ話。

そしてウベルトに『私の持参金として4千スクード欲しい、と言っています』と告げます。

ウベルトはびっくりするやらあきれるやら、『娘でもないのにそんなもの出せるか!』と拒否すると、嵐の隊長は怒ったそぶりをします。

そして『出さないなら結婚しない』と言うので、『結婚しなけりゃいい』と答えると、『では、代わりにあなたが結婚しなさい。しないのなら殺してやる』と剣を抜きます。

このやりとりは全て、セルピーナが〝通訳〟してウベルトに伝えています。

嵐の隊長が襲いかかるそぶりをするので、ついにウベルトは観念して『運命が望むのなら、彼女と結婚する』と宣言します。

セルピーナは喜んで、『ご主人様ばんざい!』と叫び、また『ヴェスポーネばんざい!』と彼の正体をあらわします。

ウベルトは怒りますが、セルピーナに『もういいじゃない、私はあなたのお嫁さん、いいでしょ』と言われると、破顔一笑、全てを赦します。

ウベルトも、セルピーナがいなくなるという状況になってはじめて、彼女を愛していることに気づいたのです。

セルピーナは『ほらわたし、メイドから奥様になっちゃった!』と喜び、ウベルトもそんな彼女を愛しく見つめています。

そして、ふたりの愛のデュエットで、めでたしめでたし、となります。

二重唱『あなたは今幸せなの?』

セルピーナ

あなたは今幸せなの?

私を愛してくれるの?

ウベルト

この心は満ち足りているし

お前を愛しているよ

セルピーナ

ほんとうのことを言ってよ

ウベルト

ほんとうさ

セルピーナ

まあ!違う気がするわよ

ウベルト

もう!疑わないでくれよ

セルピーナ

ああ、素晴らしいお婿さん!

ウベルト

愛しい、わしの嫁さん!

セルピーナ

こんなに喜ばせてくれるなんて

ウベルト

ただお前だけが喜びだよ


Pergolesi - La serva padrona - Duetto finale

身分の低いメイドの策略に、貴族が翻弄される。その痛快さに、観客は大ウケ。

ペルゴレージの音楽は、軽快で楽しく、そのアップテンポな日常ドラマは、大仰な神話の物語に飽きた観衆たちをとりこにしました。

可愛くて機転が利き、ちょっとずる賢いメイド役は、その後のオペラ・ブッファに欠かせないお決まりの役どころとなり、モーツァルトのオペラでも、『偽りの女庭師』セルペッタフィガロの結婚スザンナコジ・ファン・トゥッテデスピーナとして大活躍。

そして、貴族の時代から市民の時代へ、オペラの歴史の新しい扉を開いたのです。

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

Apple Music のおすすめ】ブログ中の 試聴プレイヤーは、Apple Music会員としてログインすると全曲を聴くことができます。Apple Musicは、完全に広告なしで、オンラインまたはオフラインで5,000万曲以上を聴くことができます。特にクラシックの収録曲は充実しており、同じ曲を様々な演奏者、録音で聴き比べることができ、CDを買うより相当にお得です。料金は定額制で学生¥480/月、個人¥980/月、ファミリー¥1,480/月です。

 


にほんブログ村


クラシックランキング