孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

オラトリオ

演技や舞台装置のない、宗教的な内容の大規模な劇場作品です。

【曲解説】過ぎ去った人生の春を取り戻すには。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第37~39曲〝終曲〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】乙女の胸のような亜麻布とは。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第33~36曲〝糸紡ぎの歌〟〝メルヘン〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】冬は、北国ラップランドのほら穴からやってくる。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第29~32曲〝冬の旅人〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】待ちに待った新酒解禁!ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第27~28曲〝ワイン祭り〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】音楽によるハンティング。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第23~26曲〝狩り〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】都会の恋より村の恋。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第21~22曲〝愛のデュエット〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】「勤労の義務」を音楽にせよ?ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第19、20曲〝豊作の喜びと勤労賛歌〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】ベートーヴェンが師を超えようとした場面。ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第16~18曲〝嵐の襲来〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】灼熱の太陽から逃れて、さわやかな森へ!ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第12~15曲〝日照りと暗い森〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】朝の来ない夜はない。ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第9~11曲〝夜明け〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】咲き誇る花々、目にまぶしい新緑、躍動する生命たち!ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第7~8曲〝喜びの歌〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】〝交響曲の父〟はなぜ怒ったか。ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第3~6曲〝種まきの歌〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】クラシックのもうひとつの〝四季〟。ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第1~2曲〝春よ、来い〟

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンのオラトリオ『四季』の対訳、解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】バッハによる年越し、力強いフィナーレ。『クリスマス・オラトリオ 第6部』(6)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】星に導かれた、謎の東方三博士。バッハ『クリスマス・オラトリオ 第5部』(5)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】新春おすすめクラシック『ラデツキー行進曲』『ワルツ:美しき青きドナウ』ほか & バッハ『クリスマス・オラトリオ 第4部』(4)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』、ヨハン・シュトラウス『ラデツキー行進曲』『美しき青きドナウ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。お正月に聴くおすすめクラシックの紹介。

【曲解説】聖母マリアの心のうち。バッハ『クリスマス・オラトリオ 第3部』(3)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】どこまでも優しい子守歌。バッハ『クリスマス・オラトリオ 第2部』(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】ティンパニとどろく、バッハのメリー・クリスマス!バッハ『クリスマス・オラトリオ 第1部』(1)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハ『クリスマス・オラトリオ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

クリスマスに響く、救いと希望のアーメン・コーラス。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳最終回(10)

ヘンデル『メサイア』の第3部全曲、第45曲から終曲の第53曲までを聴きます。これで、『メサイア』全曲の終幕です。 第1部では、メシア来臨の預言とイエスの降誕、第2部ではイエスの受難と復活、福音の伝道が描かれました。第3部では、救い主イエスへの信…

本当は怖い、ハレルヤ・コーラス。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(9) &『ルール・ブリタニア』

ヘンデル『メサイア』の第2部より、第37曲から第2部終曲の第44曲までを聴きます。 イエスがメシアとして来臨したのに、人々は嘲り、また危険視して十字架にかけます。しかし、その死は人間の罪を贖うものであって、すぐにイエスは復活し、天に迎えられます…

開かれる天国の門、迎える天使たち。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(8)

ヘンデル『メサイア』の第2部より、イエス受難のあと、復活への希望の部分、第32曲から第36曲までを聴きます。 ヘンデル『メサイア』HWV56 Handel : Messiah HWV56 エマニュエル・アイム指揮ル・コンセール・ダストレ Emmanuelle Haim & Le Concert D’Astree…

アイルランドに響いた受難の歌。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(7)

ヘンデル『メサイア』の第2部に入ります、第22曲から第31曲までを聴きます。 キリスト教の立場では、イエスこそ、旧約聖書に預言されたメシアでしたが、人間の罪を背負い十字架にかかることによって、人々を救うことになります。 そしてそのことも、驚くべ…

叫べ!歓呼せよ、エルサレムの娘よ。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(6)

エルサレムの第二神殿(ヘロデ神殿)の想像図。ローマ帝国によって破壊され「嘆きの壁」だけが残る。 ヘンデル『メサイア』の第1部より、第18曲から第1部終曲の第21曲までを聴きます。 救い主がこの世に来臨した喜びと希望でいっぱいの部分です。 ヘンデル…

羊飼いは見た!聖夜の奇蹟。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(5)

ヘンデル『メサイア』の第1部より、第13曲から第17曲までを聴きます。 クリスマス・イヴに草原で起きた奇蹟、有名な〝羊飼いの聖夜〟の描写です。 これまでの曲では、メシア来臨についての、旧約聖書の預言を綴ってきましたが、ここからは、新約聖書の物語…

ひとりのみどりごが私たちのために生まれた。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(4)

ヘンデル『メサイア』の第1部より、第8曲から第12曲までを聴きます。 イエス降誕のはるか以前に書かれた旧約聖書による、メシア誕生の預言の部分です。 ヘンデル『メサイア』HWV56 Handel : Messiah HWV56 エマニュエル・アイム指揮ル・コンセール・ダスト…

救世主来臨のお告げ。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(3)『降誕の預言』

死海文書の中のイザヤ書 それでは、ヘンデル『メサイア』の第1部より、第2曲から第7曲までを聴いていきます。 ヘンデル『メサイア』HWV56 Handel : Messiah HWV56 エマニュエル・アイム指揮ル・コンセール・ダストレ Emmanuelle Haim & Le Concert D’Astr…

ユダヤ教とキリスト教の違いとは。ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(2)

レンブラント 『十戒をふりかざすモーセ』 聖書そのままの歌詞 『メサイア』は、ヘンデルのオラトリオの中でも特異な存在で、聖書の文言(聖句)が、基本的にはそのまま歌詞になっています。 聖書の言葉をそのまま引用し、つなぎ合わせることによって、イエ…

年末と言えば、第九? それとも? ヘンデル:オラトリオ『メサイア』あらすじと対訳(1)『序曲』

ベガーズ・オペラ(乞食オペラ) 年末と言えば、第九? それとも・・・ 街もクリスマスモードとなり、いよいよ年も押しせまってきました。 クラシックで年末、といえば〝第九〟ですが、それは主に日本での話で、欧米では年末、あるいはクリスマスの曲といえば、…