孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

モーツァルト

時空を超えたヒット曲たち。米津玄師『アイネクライネ』と、モーツァルト『セレナード 第13番 ト長調 K.525〝アイネ・クライネ・ナハトムジーク〟』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。米津玄師『アイネクライネ』との関わり。

サリエリが嫉妬した神の声。モーツァルト『13管楽器のためのセレナード 変ロ長調 K.361(370a)〝グラン・パルティータ〟』

クラシック音楽の解説。モーツァルトの13管楽器のためのセレナード『グラン・パルティータ』。映画アマデウスのエピソード。

華やかな夜会に響く、悪魔的な音楽。アマデウスの光と影(14)モーツァルト『セレナード 第12番 ハ短調 K.388〝ナハトムジーク〟』

異例の短調セレナード 前回のセレナード 変ホ長調 K.375と対で親しまれているのが、このセレナード 第12番 ハ短調 K.388〝ナハトムジーク〟です。 この曲も、前回の明るく楽しい曲とは対照的に、悲劇的に始まります。 あまりに雰囲気が違ってシリアスなので…

ブラスバンドのサプライズ!アマデウスの光と影(13)モーツァルト『管楽器のためのセレナード 第11番 変ホ長調 K.375』

夜の愉しみ、セレナード アマデウスの光と影シリーズ、最後のペアは管楽セレナードです。 〝セレナード〟はフランス語読みで、日本語訳では〝小夜曲〟と訳しますが、、ドイツ語ではセレナーデ、イタリア語ではセレナータ、と呼ばれます。 もともとは夜、恋人…

死への想念か、切ない恋の情念か。アマデウスの光と影(12)モーツァルト『ロンド イ短調 K.511』

モーツァルトが考える死とは モーツァルトのピアノ作品をしばらく聴いてきましたが、影ということでは、最後に挙げたい曲があります。 ロンド イ短調 K.511。短い小品ですが、私の愛してやまない曲です。 夏の太陽がまぶしく輝くこれからの季節にはちょっと…

ケッヘル番号の秘密。アマデウスの光と影(11)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第16番(旧第15番) ハ長調〝ソナチネ〟』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『ピアノ・ソナタ 第16番(旧第15番) ハ長調 K.545〝ソナチネ〟』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

ピアノによる哀しくも美しいドラマ。アマデウスの光と影(10)モーツァルト『ファンタジー ハ短調 & ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調』、ベートーヴェン『ピアノ・ソナタ 第5番』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

下ネタ好きの天才。アマデウスの光と影(9)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

モーツァルトのピアノレッスンとは。 アマデウスの光と影(8)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309』

要人の令嬢のために 前回の第8番 イ短調ソナタ K.310は、第7番 ハ長調 K.309、第9番 ニ長調 K.311と3曲セットで出版されています。 例によって、明暗の対比が素晴らしいセットです。 いずれも、マンハイム・パリ旅行の途上で作られたので、故郷ザルツブルク…

ピアノ職人シュタインとの出会いと、母との別れ。アマデウスの光と影(7)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

若きモーツァルトの青春の輝き。アマデウスの光と影(6)モーツァルト『交響曲 第29番 イ長調』

ザルツブルク・モーツァルトの生家 モーツァルトの自信作 前回取り上げたモーツァルトの〝小ト短調〟と必ず明・暗のカップリングにされるのがこのシンフォニー 第29番 イ長調 K.201(186a)です。 有名な小ト短調とセットということもありますが、この時期のモ…

サリエリはモーツァルトを殺したか。アマデウスの光と影(5)モーツァルト『交響曲 第25番 ト短調』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『交響曲 第25番 ト短調〝小ト短調シンフォニー〟』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

天翔けるピアノと弦。アマデウスの光と影(4)モーツァルト『ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 K.493』

アルターリア社による初版譜 雄大で、力強く モーツァルトの明&暗2曲セット、ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478の相方は、第2番 変ホ長調 K.493です。 前回のト短調が難し過ぎる、と出版者ホフマイスターから苦情を言われたため、2曲目のこの曲は版刻ま…

アマチュアには難しすぎた曲。アマデウスの光と影(3)モーツァルト『ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調』

珍しいピアノ・カルテット モーツァルトの明&暗2曲セット、弦楽五重奏曲の次はピアノ四重奏曲です。第1番 ト短調 K.478と第2番 変ホ長調 K.493のカップリングです。 ありそうな編成の曲ですが、モーツァルトにはこの2曲しかなく、ハイドンには1曲もあ…

たった5人で奏でる、シンフォニックなハーモニー。アマデウスの光と影(2)モーツァルト『弦楽五重奏曲 第3番 ハ長調』

室内楽の〝ジュピター〟 前回からモーツァルトの明暗2曲セットを聴いていますが、弦楽五重奏曲 ト短調 K.516の相方は、ハ長調 K.515です。 ちょうど、シンフォニーの第40番ト短調と第41番ハ長調〝ジュピター〟と同じ組み合わせです。 モーツァルトは、この…

モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。アマデウスの光と影(1)モーツァルト『弦楽五重奏曲 第4番 ト短調』

アマデウスの光と影 モーツァルトの〝3大シンフォニー〟を聴いてきましたが、特に最後の第40番ト短調と、第41番ハ長調〝ジュピター〟は、その明暗の対比の強烈さに圧倒されます。 全く違う性格の曲に見えて、その構成は密接に関連づけされている、というの…

まさに〝神〟の曲。モーツァルト『交響曲 第41番 ハ長調〝ジュピター〟』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『交響曲第41番〝ジュピター〟』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

この世にこんなきれいな音楽が。モーツァルト『交響曲 第40番 ト短調』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『交響曲第40番ト短調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

究極の〝3大シンフォニー〟モーツァルト『交響曲 第39番 変ホ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『交響曲第39番』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

村上春樹『騎士団長殺し』と音楽。オペラ『ドン・ジョヴァンニ』とリヒャルト・シュトラウス『薔薇の騎士』

村上春樹と音楽 私はノンフィクションが好きなので、あまり現代小説は読まないのですが、村上春樹氏が昨年久しぶりに出した長編小説『騎士団長殺し』は、一目見てモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』がテーマと分かり、読んでみました。 村上作品をちゃん…

遥かなる未来へ、大歌劇の幕が下りる。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』あらすじと対訳(17)第2幕フィナーレ(後)

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

オペラ史上最恐の場面、戦慄の地獄落ち。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(16)第2幕フィナーレ(中)

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

女に乾杯!美酒に乾杯!饗宴の中、亡霊の足音が近づく…。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(15)第2幕フィナーレ(前)

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

殺した相手を晩餐に招待…。ホラーとコミカルの同時進行。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(14)『墓地の場』『ドンナ・アンナのロンド』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

愛は与えるもの。裏切られても、捨てられても、あの人のことが心配なのです。オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(13)『ドンナ・エルヴィーラのアリア』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

いろんな思いが入り混じって、私の頭はめちゃくちゃだ。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』六重唱〝暗い場所でたったひとり〟(12)

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

男の薬は女性の胸?モーツァルトの粋な計らい。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(11)『薬屋のアリア』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

一人の女だけ愛したら、他の女に悪いじゃないか。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(10)『ドン・ジョヴァンニのセレナーデ』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

VIVA自由!モーツァルトとチェコ・ボヘミア抵抗の歴史。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(9)第1幕フィナーレ〈後半〉

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

享楽と、陰謀と、復讐と。いま、狂宴が始まる。モーツァルト:オペラ『ドン・ジョヴァンニ』(8)第1幕フィナーレ〈前半〉

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。