孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

神秘のミュゼット。ヘンデル『合奏協奏曲集 作品6』(3)

f:id:suganne:20171205004732j:plain

ミュゼット

ヘンデルの合奏協奏曲、これまで最初の2曲をご紹介しましたが、12曲もありますので、残りの曲はハイライトでお届けしたいと思います。

いいな、と思われる楽章がありましたら、ぜひ全曲聴いていただけたらと思います。

それぞれに個性あふれる曲たちですので。

ヘンデル『合奏協奏曲 作品6 第3番 ホ短調 HWV321』

Handel : Concerto oo.6 no.3 in E minor, HWV321

演奏:トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサート

Trevor Pinnock & The English Conser

第4楽章ポロネーズ(アンダンテ)

名前のようなポーランド風、民族風な感じはあまりせず、宮廷風な洗練の極致で、まさに天国的です。雲の上で奏でられているのは、かくやと思わせるような…。波のように寄せてくる抒情で、聴くほどに胸がいっぱいになります。

ヘンデル『合奏協奏曲 作品6 第4番 イ短調 HWV322』

Handel : Concerto oo.6 no.4 in A minor, HWV322

第1楽章ラルゲット・アフェトゥオーソ

メロドラマのはじまりのような、切ない楽章です。この曲では独奏はあまり目立たず、全体で、かつ控えめに、運命に翻弄されたヒロインを描いた小説のように、語ります。私のイメージは〝風立ちぬ〟です。 

ヘンデル『合奏協奏曲 作品6 第5番 ニ長調 HWV323』

Handel : Concerto oo.6 no.5 in D major, HWV323

第3楽章プレスト

この第5番は、第1楽章、第2楽章と第6楽章が、自作の頌歌『聖セシリアの日のためのオード』序曲から引用されています。なんだ、2日間で作ったと言って、流用じゃないか、と言われますが・・・その通りです。しかし、当時はレコードもCDもありませんので、いい曲は、このように別の形で出版しなければ人々に広まらなかったのです。今の時代の常識で評価してはいけないのです。確かにヘンデルには多いも事実ですが。この曲は、わくわくするような舞曲です。

第5楽章アレグロ 

遊園地のアトラクションのように楽しい曲です。無邪気な子供の笑い声が聞こえてきそうです。

ヘンデル『合奏協奏曲 作品6 第6番 ト短調 HWV324』

Handel : Concerto oo.6 no.6 in G minor, HWV324

第3楽章ミュゼット(ラルゲット)

ミュゼットとは、スコットランドバグパイプに似た、フランスの民族楽器で、農民の楽器として、王侯貴族にも親しまれました。さらには、その楽器をイメージした楽曲も、このようにミュゼットと呼ばれました。鄙びた農村の夕暮れの情景が目に浮かんだと思うと、何かを訴えるような、激しい嵐の中間部があらわれ、また再び元の平穏な世界に戻っていく・・・。コンチェルトの1楽章としての役割を超えた、不思議に長大な 曲で、このコンチェルト集でも特に有名です。

ヘンデル『合奏協奏曲 作品6 第7番 変ロ長調 HWV325』

Handel : Concerto oo.6 no.7 in B flat major, HWV325

第2楽章アレグロ

フーガなのですが、同じ音を、リズムを刻んで繰り返すという、そんなのアリ??と面食らう曲です。バッハなら絶対やらないようなことを、豪快にやってのけるのがヘンデルの真骨頂です。細かいことにはこだわらない、颯爽とした魅力がたまりません。

第5楽章ホーンパイプ

ホーンパイプは、水上の音楽でも出てきた、イギリスのフォークダンスです。農民の男女がお祭りで楽しく踊っている情景が目に浮かびます。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村


クラシックランキング