孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

バッハの鍵盤楽曲

ヨハン・セバスティアン・バッハの鍵盤楽器用(チェンバロ、ピアノ)作品です。

【曲解説】ルネサンスを花開かせたメディチ家の末路。ヴィヴァルディ:協奏曲集『調和の霊感 作品3』第10番~第12番

クラシック音楽と歴史の解説。ヴィヴァルディ:協奏曲集『調和の霊感 作品3』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【楽譜出版の歴史と曲解説】音符がオタマジャクシになったわけ。ヴィヴァルディ:協奏曲集『調和の霊感 作品3』第7番~第9番

音符がオタマジャクシになったわけと、ヴィヴァルディ:協奏曲集『調和の霊感 作品3』第7番~第9番の解説、感想、おすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】バッハ流ピアノ教育とは。グレン・グールド×バッハ『小プレリュードと小フーガ集』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハヘのピアノ曲の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】神の曲、悪魔の曲。グレン・グールド×バッハ『イギリス組曲 第4番~第6番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イギリス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】子宮的な安心感の中で。グレン・グールド×バッハ『イギリス組曲 第1番~第3番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イギリス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】華麗なるフレンチ・スタイル。グレン・グールド×バッハ『フランス組曲 第5番・第6番』『フランス風序曲 ロ短調』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『フランス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】愛妻アンナのために。グレン・グールド×バッハ『フランス組曲 第1番~第4番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『フランス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】冬こそバッハ。グレン・グールド×バッハ『パルティータ 第5番・第6番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】イタリア風×フランス風=ドイツ風?グレン・グールド×バッハ『パルティータ 第3番・第4番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】風はアルプスの南から。グレン・グールド×バッハ『イタリア協奏曲』『パルティータ 第1番・第2番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イタリア協奏曲』『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

かぼそくて、あったかくて。ピアノのご先祖、クラヴィコードの音色とは。

パリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)所蔵のクラヴィコード。16世紀末の作で、1571年にスペインがオスマントルコを破った〝レパントの海戦〟が描かれている。 ピアノのルーツ、クラヴィコード バッハが家庭で楽しみ、息子たちの教育に使用した…

【曲解説】究極のピアノ練習曲。グレン・グールド×バッハ『インヴェンションとシンフォニア』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハの『インヴェンションとシンフォニア』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドのアルバム紹介。

【曲解説】彩りと、癒しと、憩いの音楽。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(3)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】凝縮されたドラマ。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】地球外生命体に届け!グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(1)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】時間と音階の不思議な一致。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(3)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】どこまでも優しく。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】バッハが示した宇宙の秩序。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(1)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】眠れぬ夜が生んだ曲。バッハ『ゴールトベルク変奏曲 BWV988』(続)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『ゴールトベルク変奏曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】日常的に聴けるクラシック。グレン・グールドのバッハ『ゴールドベルク変奏曲』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『ゴールトベルク変奏曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。