孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

女帝を悦ばせた、最高の御前演奏。ハイドン『交響曲 第48番 ハ長調《マリア・テレジア》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第48番 ハ長調《マリア・テレジア》』の解説。

〝ハンガリーのヴェルサイユ〟に鳴り響いた愉音。ハイドン『交響曲 第47番 ト長調《パリンドローム》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第47番 ト長調《パリンドローム》』の解説。

ユーモア?クレイジー?やんちゃすぎるシンフォニー。ハイドン『交響曲 第46番 ロ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第46番 ロ長調』の解説。

新上司とのしがらみを超えて。ハイドン『交響曲 第43番 変ホ長調《マーキュリー》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第43番 変ホ長調《マーキュリー》』の解説。

偉大なる人生の夕暮れ。ハイドン『交響曲 第8番 ト長調《晩》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第8番 ト長調《晩》』の解説。

けだるい昼下がりのメロドラマ。ハイドン『交響曲 第7番 ハ長調《昼》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第7番 ハ長調《昼》』の解説。

楽団員の心をひとつにした曲。ハイドン『交響曲 第6番 二長調《朝》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハイドンの生い立ちと生涯。『交響曲 第6番 二長調《朝》』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。十女マリア・カロリーナの物語(後編)。ハイドンの第二の故郷、アイゼンシュタット。『交響曲 第41番 ハ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と娘たちの物語、ハイドンの生い立ち、『交響曲 第41番 ハ長調』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。十女マリア・カロリーナの物語(前編)。華麗なるエステルハージ家の年代記。ハイドン『交響曲 第38番 ハ長調《エコー》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と娘たちの物語、ハイドンの生い立ち、『交響曲 第38番 ハ長調《エコー》』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。九女マリア・ヨゼファの物語。ハイドンの雇用契約書、全文掲載。『交響曲 第35番 変ロ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と娘たちの物語、ハイドンの生い立ち、『交響曲 第35番 変ロ長調』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。六女マリア・アマーリアの物語。ハイドン『交響曲 第30番 ハ長調《アレルヤ》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と娘たちの物語、ハイドンの生い立ち、『交響曲 第30番 ハ長調《アレルヤ》』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。五女マリア・エリザベト(リースル)の物語。ハイドン、悪妻と結婚する!『オルガン協奏曲 ハ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と娘たちの物語、ハイドンの生い立ち、『オルガン協奏曲』の解説。

マリア・テレジアの娘たち。四女マリア・クリスティーナ(ミミ)の物語。ハイドン『交響曲 第28番 イ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第28番』の解説、

マリア・テレジアの娘たち。次女マリア・アンナの物語。ハイドン『交響曲 第26番 二短調《ラメンタツィオーネ》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第26番《ラメンタツィーネ》』の解説、

七年戦争ついに終結。流れる平和の調べ。ハイドン『交響曲 第22番 変ホ長調《哲学者》』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第22番《哲学者》』の解説、

独学で作曲を学んだハイドン青年。C.P.E. バッハ『ハンブルク・シンフォニー 第1番 ト長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ『交響曲第1番』の解説、

忘れない!下積み時代の恩。ハイドン『交響曲 第19番 二長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第19番』の解説、

国際法を無視して侵攻し、敗れた大王。ハイドン『交響曲 第15番 二長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第15番』の解説、

優秀な弟に地位を奪われた兄の悲哀。ハイドン『交響曲 第12番 ハ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第12番』の解説、

お腹を空かせた少年合唱団員が楽しみにしていたこと。ハイドン『交響曲 第9番 ハ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第9番』の解説、

〝天使の歌声〟のご褒美はさくらんぼ。ハイドン『交響曲 第3番 ト長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第3番』の解説、

〝シンフォニーの父〟ハイドンの生い立ち。ハイドン『交響曲 第1番 二長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。女帝マリア・テレジアの生涯と、ハイドンの生い立ち、『交響曲第1番』の解説、

女帝に褒められ、そして捨てられたハイドン少年。ハイドン『ミサ・ブレヴィス ヘ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。ハイドン『ミサ・ブレヴィス ヘ長調』の解説。

孤立のマリア・テレジア、魅力と勇気でハンガリーを味方に。ハイドン『ピアノ(チェンバロ)協奏曲 第11番 ニ長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。ハイドン『ピアノ(チェンバロ)協奏曲 第11番 ニ長調』の解説。

ベニスの巨匠、ウィーンに死す。ヴィヴァルディ『ラ・チェトラ 作品9』協奏曲第9番~第12番

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。ヴィヴァルディの協奏曲集『ラ・チェトラ 作品9』の解説。

ハプスブルク家に訪れた、断絶の危機。ヴィヴァルディ『ラ・チェトラ 作品9』協奏曲第5番~第8番

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。ヴィヴァルディの協奏曲集『ラ・チェトラ 作品9』の解説。

大臣よりもヴィヴァルディと意気投合した皇帝。ヴィヴァルディ『ラ・チェトラ 作品9』協奏曲第1番~第4番

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。ヴィヴァルディの協奏曲集『ラ・チェトラ 作品9』の解説。

戦争に明け暮れたバロック大帝が作曲した、平和な音楽。皇帝レオポルト1世『バレット組曲』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。

名門ハプスブルク家の出世物語。フローベルガー『皇帝フェルディナント3世に捧げる哀歌』

クラシック音楽と歴史の解説。ハプスブルク家の歴史と音楽家たち。

音楽が永遠に変わった日。BBC映画『エロイカ』(2003年)の解説

クラシック音楽と歴史の解説。若き日のベートーヴェンのエピソード。『交響曲 第3番 作品55《エロイカ(英雄)》』の解説。