孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

ハイドン

過ぎ去った青春の日々を取り戻すには。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第37~39曲〝終曲〟

プッサン『人生の踊り』 四季こそ人生、というメタファー 今回はハイドンのオラトリオ『四季』の13回目、第4部『冬』のおわり、すなわち『四季』全曲のグランドフィナーレです。 霞がただよい、温かい空気に包まれて山野に草花が萌え、雪が消えた畑を農夫が…

外側はつややか、内側は無垢。乙女の胸のような亜麻布とは。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第33~36曲〝糸紡ぎの歌〟〝メルヘン〟

フェリス『祖母の糸車』 〝ステイホーム〟の楽しみ ハイドンのオラトリオ『四季』の12回目、第4部『冬』の続きです。 前回、吹雪の中で道に迷い、日も暮れて絶望していた旅人が、遠くに人家の明かりを見つけます。 近づいて中を覗き、旅人が目にしたのは、暖…

冬は、北国ラップランドのほら穴からやってくる。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第29~32曲〝冬の旅人〟

ピーテル・ブリューゲル『雪中の狩人』 ふたたび冬がやってきた ハイドンのオラトリオ『四季』の11回目、今回から第4部『冬』です。 『秋』で、盛大なワイン祭りがクライマックスで突然暗転するように締めくくられたあと、『冬』の陰鬱な序奏がはじまる場面…

待ちに待った新酒解禁!村人たちが歌う、千鳥足のフーガ。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第27~28曲〝ワイン祭り〟

ピーテル・ブリューゲル『聖マルティンのワイン祭り』 聖マルティンの祝日とは ハイドンのオラトリオ『四季』の10回目、第3部『秋』のフィナーレです。 『秋』の部は、収穫から始まり、恋、狩りと場面が次々と転換し、最後は盛大な宴会で締めくくられます。 …

響き渡る角笛、逃げる獣、追う猟犬、狩人の掛け声…音楽によるハンティング。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第23~26曲〝狩り〟

ベールドマーケル『狩人』 次々と仕留められる鳥獣たち ハイドンのオラトリオ『四季』の9回目、第3部『秋』の続きです。 今回の場面は、狩りです。 秋の風物詩であり、貴族たちの恒例行事ですから、数々の作曲家が音楽にしています。 ホルンはもともと、狩り…

都会の恋より村の恋。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第21~22曲〝愛のデュエット〟

ピーテル・ブリューゲル『穀物の収穫』 幸せいっぱいの秋の村 ハイドンのオラトリオ『四季』の8回目、第3部『秋』の続きです。 豊作の喜びにわく村。忙しく働く大人たちだけでなく、子供たちにもやることがあります。 第21曲のレツィタティーフでは、まず村…

「勤労の義務」を音楽にせよ?勤勉な作曲家がついたため息。ハイドン:オラトリオ『四季』より第3部『秋』第19、20曲〝豊作の喜びと勤労賛歌〟

ミレー『落穂拾い』 豊作の秋がきた! ハイドンのオラトリオ『四季』の7回目、今回から第3部『秋』に移ります。 『秋』には、ネガティブな場面は一切なく、「収穫の季節」の喜びに満ちています。 序奏には『豊作への農民の喜びの感情』と但し書きがつけられ…

ベートーヴェンが師を超えようとした場面。ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第16~18曲〝嵐の襲来〟

クロード・ジョセフ・ヴェルネ『嵐』 嵐の前の静けさ、そして襲来 ハイドンのオラトリオ『四季』の6回目、第2部『夏』の最終回です。 蒸し暑い夏の午後、山に湧いた霧が、みるみる黒雲となり、気づかないうちに空いっぱいに広がってきます。 さっきまで暑さ…

灼熱の太陽から逃れ、さわやかな森で心身のリフレッシュ!ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第12~15曲〝日照りと暗い森〟

牙をむく真夏の太陽 ハイドンのオラトリオ『四季』の5回目、第2部『夏』の続きです。 前回、夜明けに荘厳に昇り、いのちのみなもとと讃えられた真夏の太陽は、中天に向かうにつれ、その威力が逆に生きとし生けるものを圧迫しはじめます。 まさに大自然の恵み…

暗闇をやぶる鶏鳴、赤く染まる東の空。朝の来ない夜はない。ハイドン:オラトリオ『四季』より第2部『夏』第9~11曲〝夜明け〟

さわやかな夏の夜明け ハイドンのオラトリオ『四季』の4回目、第2部『夏』に移ります。 『夏』は、夜明けからはじまります。 朝まだき、闇に包まれた村。みな眠っています。 音楽は、ハ短調の暗い序奏から始まります。 ルーカスが、静かに語りはじめ、だんだ…

咲き誇る花々、目にまぶしい新緑、そして躍動する生命たち!音楽による春爛漫の絵巻物。ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第7~8曲〝喜びの歌〟

ブーシェ『春』 まさに職人芸!音楽による生き物の描写 ハイドンのオラトリオ『四季』の3回目、第1部『春』のしめくくりです。 ついに、待ちに待った春爛漫の季節が訪れます。 自然界は鮮やかな色彩と生命の輝きにあふれ、それに包まれた人々の心は喜びでい…

〝交響曲の父〟はなぜ怒ったか。ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第3~6曲〝種まきの歌〟

ミレー『種まく人』 自分のヒット曲で〝つかみはOK〟 ハイドンのオラトリオ『四季』の2回目です。 いよいよ春がやってきて、畑から雪が消えます。 農夫のシモンは、さあ、1年の仕事始めだ、とばかり、張り切って農具を担いで畑に出ていき、鋤で土を起こし、…

クラシックのもうひとつの〝四季〟。ハイドン:オラトリオ『四季』より第1部『春』第1~2曲〝春よ、来い〟

ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809) もうひとつの〝四季〟 前回まで、ほとんど知らぬ人とてないポピュラーなヴィヴァルディの『四季』を聴きましたが、クラシックの曲目には、もうひとつの偉大な〝四季〟があります。 それは、ハイドンのオラトリオ『四季』で…

戦勝記念のド派手な賛歌。リュリ、シャルパンティエ、ド・ラランド、ヘンデル、ハイドンの『テ・デウム』~ベルばら音楽(4)

アントワーヌ・コワズヴォ作『リュリ像』 放蕩の権力者、リュリの最後 リュリ(1632-1687)は、ルイ14世の恩寵を一身に受け、フランスの音楽総監督として君臨しました。 王はリュリを数少ない親友と思っており、側近として貴族待遇にしていました。 リュリは…

ほんとに4日で書いたの!?モーツァルト『交響曲 第36番 ハ長調 K.425〝リンツ〟』と、永久欠番の『交響曲 第37番』

オーストリア・リンツの街 最後の帰郷を終えて 3年ぶりにウィーンから故郷ザルツブルクに帰郷した新婚のモーツァルト夫妻。 生まれたばかりの赤ちゃんを残してのハネムーンでしたが、滞在は3ヵ月に及びました。 結婚に猛反対していた父レオポルト、姉ナン…

先輩を上司のパワハラから救え!ミヒャエル・ハイドンとの交友。モーツァルト『ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲』

ミヒャエル・ハイドン(1737-1806) ザルツブルクで活躍した、ハイドンの弟 モーツァルトが、雇用主のザルツブルク大司教コロレードと衝突し、辞表を叩きつけて大都会ウィーンに飛び出しフリーの音楽家として活動を始めて3年。 新妻を伴って久しぶりにザル…

オスマン・トルコ皇后になったヨーロッパ女性、ロクセラーナの物語。モーツァルト:オペラ『後宮からの誘拐』あらすじと対訳(6)『コンスタンツェの拷問アリア』

モーツァルトのオペラ『後宮からの誘拐(後宮からの逃走)』のあらすじ、対訳、鑑賞です。

のだめカンタービレに出てくるハイドン。ハイドン『交響曲 第104番 ニ長調〝ロンドン〟』

〝シンフォニーの父〟の最後のシンフォニー きょうの東京は夏日でした。もう風は初夏で、鳥たちの歌がいちだんと高らかに響いています。 ハイドンの第2期ザロモン・セット、最後の6曲目は、シンフォニー第104番〝ロンドン〟です。 第1期、第2期通算で1…

未知との遭遇、轟くドラムロール。ハイドン『交響曲 第103番 変ホ長調〝太鼓連打〟』

地底から響くドラム ハイドンの第2期ザロモン・セットの5曲目は、シンフォニー第103番〝太鼓連打〟です。 シンフォニー冒頭に、極めて異例の、ティンパニによるドラムロールがあるので、この名がつきました。 軽い印象の曲が多いハイドンのシンフォニーで…

競馬に入れ込んだ英国王、ジョージ4世の物語。ハイドン『交響曲 第102番 変ロ長調』

1791年、アスコット競馬場でのバロネット号とチフニー騎手 フランス革命戦争はじまる ハイドンの第2回ロンドン訪問も、終盤に差し掛かってきました。今回は、第2期ザロモン・セットの4曲目、シンフォニー第102番です。 ヴァイオリニストにして興行主のザ…

近鉄阿部野橋駅で鳴る〝青のシンフォニー〟ハイドン『交響曲 第101番 ニ長調〝時計〟』

チックタックと時間は過ぎる ハイドンの第2期ザロモン・セットの3曲目は、シンフォニー第101番〝時計〟です。 こちらも、愛称がついていることもあり、ハイドンのシンフォニーの中でも最も演奏機会が多いのではないでしょうか。 ハイドンのシンフォニーの…

貴婦人失神!いわくつきのシンフォニー。ハイドン『交響曲 第100番 ト長調〝軍隊〟』

ヨーロッパで流行ったトルコ趣味 ハイドンの第2期ザロモン・セットの2曲目は、シンフォニー第100番〝軍隊〟です。 キリ番でもありますが、この曲は〝驚愕〟〝時計〟と並んで、もっともポピュラーで、人気のある曲です。 私も最初にこの曲を聴いてハイドン…

楽隠居はまだまだ!61歳の再挑戦。ハイドン『交響曲 第99番 変ホ長調』

ボンのベートーヴェン像 ベートーヴェンとの出会い ハイドンは、大喝采を浴び、名声でも収入でも大成功だった1回目のロンドン訪問を終え、1792年6月に帰途につきます。 途中、フランクフルトに立ち寄り、フランツ2世の戴冠式に出席するために滞在していた…

また来るね!とチェンバロであいさつ。ハイドン『交響曲 第98番 変ロ長調』

ロンドンのハイドン(1791年ジョン・ホップナー画) ハイドンは名演奏家ではなかった? ハイドンが1回目のロンドン訪問で作曲した、第1期ザロモン・セットの最後の曲、第98番を聴きます。 この曲は、素晴らしいにもかかわらず、コンサートで演奏されること…

出会いと別れの季節。モーツァルトとの永訣について。ハイドン『交響曲 第97番 ハ長調』

駅馬車の旅 ハイドンとモーツァルトの出会い きょうから4月ですが、東京ではもう桜吹雪が舞っています。 シャンデリアの落下でしばらく脱線しましたが、ハイドンのロンドン旅行のお話に戻ります。 定年退職後、59歳で新たな第2の人生を歩むべく、ウィー…

もうひとつのシャンデリア落下事件と、ミュージカル『オペラ座の怪人』〈ロイド・ウェバーとサラ・ブライトマン〉

もうひとつのシャンデリア落下事件と『オペラ座の怪人』 ロンドンでのハイドンのコンサートでは、〝奇跡〟によって死者は出ませんでしたが、後年、パリのオペラ座(オペラ・ガルニエ)で、オペラ上演中にシャンデリアが落下し、こちらは死者が出ました。 ハ…

ハイドン来る!ロンドンの熱狂と、シャンデリア落下事件の謎。ハイドン『交響曲 第96番 ニ長調〝奇跡〟』

18世紀のロンドン ハイドンのロンドン到着 ハイドンのシンフォニー『ザロモン・セット(ロンドン・セット)』の4曲目は、『交響曲 第96番 ニ長調〝奇跡〟』です。 番号順では4曲目になりますが、ハイドンがペーター・ザロモンに招かれてロンドンに到着し、…

貴族は短調、市民は長調が好き?ハイドン『交響曲 第95番 ハ短調』

めずらしい短調の曲 ハイドンのシンフォニー『ザロモン・セット(ロンドン・セット)』の3曲目は、『交響曲 第95番 ハ短調』です。 ロンドン・セット12曲の中で、唯一の短調の曲になります。 ひとことで言えば、短調(マイナー)は悲しい曲、長調(メジャー…

貴婦人の居眠りを覚ます?びっくりシンフォニー。ハイドン『交響曲 第94番 ト長調〝驚愕〟』

ヴァン・スヴィーテン男爵(1734-1803) 貴婦人は居眠りをしたか ハイドンのシンフォニー『ザロモン・セット(ロンドン・セット)』の2曲目は、『交響曲 第94番 ト長調〝驚愕〟』です。 数あるハイドンのシンフォニーの中でも、最も親しまれている曲で、代…

勝負は定年退職後!ハイドン『交響曲 第93番 ニ長調』

ヨハン・ペーター・ザロモン(1745-1815) 定年退職、そして第2の人生 ハイドンのシンフォニーの最高傑作群、『ザロモン・セット(ロンドン・セット)』を聴いていきます。 ハイドンはハンガリーのエステルハージ侯爵家に30年もの間勤勉に仕え、主君ニコラ…