孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

ベートーヴェン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのオールジャンルの作品です。

【曲解説】可憐というより激情の乙女。ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第4番 変ロ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】ユーモアがギュッとつまったミニ・シンフォニー。ベートーヴェン:交響曲 第8番 へ長調

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第8番 へ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】作曲当時も大人気だった、のだめの主題曲。ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第7番 イ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。のだめカンタービレのエピソード。

【曲解説】お情けで作った傑作。ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『ヴァイオリン協奏曲 ニ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】気宇壮大なるコンチェルトのエンペラー。ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調〝皇帝〟

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『ピアノ協奏曲 第5番 ト長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】恋するベートーヴェン。『ピアノ協奏曲 第4番 ト長調』

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『ピアノ協奏曲 第4番 ト長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。ベートーヴェンの恋愛エピソードの紹介。

【曲解説】ベートーヴェン大ショック!前代未聞のしくじりコンサートとは。『合唱幻想曲 ハ短調』

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『合唱幻想曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。交響曲第5番『運命』と交響曲第6番『田園』の初演エピソードの紹介。

【曲解説】今、ベートーヴェンを聴く意味とは。交響曲 第5番〝運命〟より第2~4楽章

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)の交響曲 第5番 ハ短調〝運命〟の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】運命はドアを叩かない?ベートーヴェン:交響曲 第5番〝運命〟より第1楽章

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)交響曲 第5番〝運命〟の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】ベートーヴェン『田園』には元ネタがあった!クネヒト:『音楽による自然の描写 』

クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン『田園』の元ネタとされるクネヒト:『音楽による自然の描写 』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】美しい夏の一日の物語。ベートーヴェン:交響曲 第6番『田園』より第3~5楽章

クラシック音楽と歴史の解説。生誕250周年を迎えたベートーヴェンの交響曲 第6番 ヘ長調『田園』作品68の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】作曲家による〝トリセツ〟つきの曲。ベートーヴェン:交響曲 第6番『田園』より第2楽章

クラシック音楽と歴史の解説。生誕250周年を迎えたベートーヴェンの交響曲 第6番『田園』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

【曲解説】街の喧噪を逃れて田舎に行きたい!ベートーヴェン:交響曲 第6番『田園』より第1楽章

クラシック音楽と歴史の解説。生誕250周年を迎えたベートーヴェン(ベートーベン)の交響曲 第6番『田園』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介

ベートーヴェンのトルコ行進曲。アテネからブダペストへ、古代への熱き思い。ベートーヴェン『アテネの廃墟』作品113

もうひとつのトルコ行進曲 〝トルコ行進曲〟は、前回取り上げた、モーツァルトのほか、ベートーヴェン作曲のものもあります。 モーツァルトに比べると一般的なポピュラー度は少し低いかもしれませんが、ピアノを練習している人にはよく弾かれ、親しまれてい…

【曲解説】ピアノによる哀しくも美しいドラマ。アマデウスの光と影(10)モーツァルト『ファンタジー ハ短調 & ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調』、ベートーヴェン『ピアノ・ソナタ 第5番』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

大晦日といえば第九!ベートーヴェンのメッセージとは。『交響曲 第9番 ニ短調〝合唱付き〟』

第九初演の頃のベートーヴェン(1824年) 年末に第九、のわけ 大晦日です。年末、大晦日のクラシックといえば、やはりベートーヴェンの『第九』ですね。 そう言われるほどには、この時期にみなが聴いているとは思えないのですが、日本人の誰もが歳末の風物詩…

鳥と音楽の素敵な関係。ヘンデル『オルガン協奏曲』(2)〝カッコウとナイチンゲール〟とデカメロン伝説

『デカメロン』で小話を披露し合う男女の情景 カッコウとナイチンゲール ヘンデルのオルガン・コンチェルトで一番有名なのは、通番では第13番になるヘ長調〝カッコウとナイチンゲール〟です。 第2楽章で、オルガンが、カッコウとナイチンゲールの鳴き交わす…