孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

グレン・グールド

異色の天才ピアニスト、グレン・グールドの演奏です。

【曲解説】ケッヘル番号の秘密。アマデウスの光と影(11)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第16番(旧第15番) ハ長調 K.545〝ソナチネ〟』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトの『ピアノ・ソナタ 第16番(旧第15番) ハ長調 K.545〝ソナチネ〟』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。

【曲解説】ピアノによる哀しくも美しいドラマ。アマデウスの光と影(10)モーツァルト『ファンタジー ハ短調 & ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調』、ベートーヴェン『ピアノ・ソナタ 第5番』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】下ネタ好きの天才。アマデウスの光と影(9)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調 K.311』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】ピアノ職人シュタインとの出会いと、母との別れ。アマデウスの光と影(7)モーツァルト『ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310』

クラシック音楽と歴史の解説。モーツァルトのピアノ・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】降り注ぐ、恵みの春雨のような音楽。バッハ『ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 第3番・第6番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのヴァイオリン・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】悲しいとき、つらいときに聴く音楽。バッハ『ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 第4番・第5番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのヴァイオリン・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】うっとりするような、ふたりの協演。バッハ『ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 第1番・第2番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのヴァイオリン・ソナタの解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】箱根駅伝、悔し涙へのエール。司馬遷『史記・伯夷伝』とワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』

クラシック音楽と歴史の解説。ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』序曲の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。箱根駅伝と司馬遷『史記』をからめて。

【曲解説】〝おもしろかったから弾いた〟グレン・グールド×ヘンデル『ハープシコード組曲第1集 第3番、第4番』

クラシック音楽と歴史の解説。ヘンデルのハープシコード組曲の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】癒しの音色。グレン・グールド×ヘンデル『ハープシコード組曲第1集 第1番、第2番』

クラシック音楽と歴史の解説。ヘンデルのハープシコード組曲の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】バッハ流ピアノ教育とは。グレン・グールド×バッハ『小プレリュードと小フーガ集』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハヘのピアノ曲の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】神の曲、悪魔の曲。グレン・グールド×バッハ『イギリス組曲 第4番~第6番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イギリス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】子宮的な安心感の中で。グレン・グールド×バッハ『イギリス組曲 第1番~第3番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イギリス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】華麗なるフレンチ・スタイル。グレン・グールド×バッハ『フランス組曲 第5番・第6番』『フランス風序曲 ロ短調』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『フランス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】愛妻アンナのために。グレン・グールド×バッハ『フランス組曲 第1番~第4番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『フランス組曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】冬こそバッハ。グレン・グールド×バッハ『パルティータ 第5番・第6番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】イタリア風×フランス風=ドイツ風?グレン・グールド×バッハ『パルティータ 第3番・第4番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】風はアルプスの南から。グレン・グールド×バッハ『イタリア協奏曲』『パルティータ 第1番・第2番』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『イタリア協奏曲』『パルティータ』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】究極のピアノ練習曲。グレン・グールド×バッハ『インヴェンションとシンフォニア』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハの『インヴェンションとシンフォニア』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドのアルバム紹介。

【曲解説】彩りと、癒しと、憩いの音楽。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(3)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】凝縮されたドラマ。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】地球外生命体に届け!グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第2巻』(1)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】時間と音階の不思議な一致。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(3)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】どこまでも優しく。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】バッハが示した宇宙の秩序。グレン・グールド×バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』(1)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『平均律クラヴィーア曲集』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】眠れぬ夜が生んだ曲。バッハ『ゴールトベルク変奏曲 BWV988』(続)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『ゴールトベルク変奏曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】日常的に聴けるクラシック。グレン・グールドのバッハ『ゴールドベルク変奏曲』

クラシック音楽と歴史の解説。バッハのピアノ曲『ゴールトベルク変奏曲』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。グレン・グールドの名盤紹介。

【曲解説】フルート奏でる大王のそばで。カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ~バッハの息子たち(2)

クラシック音楽と歴史の解説。バッハの次男カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの作品の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。フリードリヒ大王のエピソード。