孤独のクラシック ~私のおすすめ~

クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。クラシックに興味はあるけど、どの曲を聴いたらいいのか分からない、という方のお役に立ちたいです。(下のメニューは横にスライドしてください)

体が躍る!ヴィヴァルディ『ラ・ストラヴァガンツァ』

ヴィヴァルディは、専門家からは他の著名な作曲家に比べて低い評価を受けがちで、“ヴィヴァルディは協奏曲を500曲書いたのではない。同じ協奏曲を500回書いたのだ。”と揶揄もされていますが、それはエンターテインメント色が強いからでしょう。

それだけ現代的で分かりやすく、何よりリズム感が軽快でノリは最高です。

リトルネッロと呼ばれるテーマが繰り返されるので、“同じような曲”に聞こえるのでしょうが、なかなかどうして、1曲1曲が個性的で楽しいです。

最初のおすすめです。

協奏曲集『ラ・ストラヴァガンツァ』作品4

Vivaldi:La Stravaganza OP.4

演奏:ファビオ・ビオンディ(指揮・独奏)エウローパ・ガランテ

Fabio Biondi & Europa Galante

協奏曲第1番変ロ長調 第1楽章アレグロ

ヴィヴァルディ:ストラヴァガンツァ

ヴィヴァルディ:ストラヴァガンツァ

 

ヴィヴァルディのコンチェルト(協奏曲)は前述のように500曲以上ありますが、当時の習慣で、12曲セットで出版されたもの(OP.4、のように作品番号がついている)があり、この作品4のほかに、著名なものにはタイトルがつけられています。

 作品3『調和の霊感』L’estro armonico OP.3

 作品8『和声と創意の試み』Il cimento dell’armonia e dell’invenzione OP.8

 作品9『ラ・チェトラ』La cetra OP.9

 有名な『四季』は作品8の最初の4曲にあたります。

 

ラ・ストラヴァガンツァ』は、イタリア語で“過度”とか“法外”といった意味で、ヴィヴァルディ自身が、この曲たちをちょっと“やりすぎちゃった”として名付けました。

それほど極端に前衛的な曲でもないのですが、1曲目、第1番変ロ長調の第1楽章のはしゃぎっぷりは、まさにその名にふさわしいです。

前のめりで、思わず体が動き出してしまいそうなリズムです。

この調子は全曲を通じていますので、ぜひ1曲、1曲を掘り出してみてください。

 

ビオンディの演奏は、まさに法外、極端なものが多く、これを聴くと他の端正な演奏が物足りなくなってしまいそうです。

ヴィヴァルディは本当にバロック時代のロックだったのだなあ、と実感できます。

 

端正な演奏のおすすめは次です。

演奏:トレヴァー・ピノック(指揮)、サイモン・スタンデイジ(独奏)イングリッシュ・コンサート

Trevor Pinnock, Simon Standage & The English Concert  

  ↓ Apple Music 未契約の方はこちらから試聴できます。

ピノック&イングリッシュ・コンサートは、今では大御所ですが、古楽器ブーム立役者のひとつです。

演奏は透き通るように澄んだ音色で、どの曲の演奏もスタンダードそのものです。

私も繰り返し聴き、親しんだのはピノックの演奏なのですが、これに慣れると、ビオンディの演奏を聴くとブっとぶ思いがするのです。

ぜひ両方、味わってみてください。

 

ポチッとよろしくお願いします!


にほんブログ村